機能材料事業部

KFピエゾフィルム

KFピエゾフィルムは、わが社の開発したフッ化ビニリデン樹脂(PVDF)であるKFポリマーを素材に開発された高分子圧電・焦電体です。即ち、力学的又は熱的に刺激を与えると電気が発生します。

各種多目的センサー サイレントチェロ・サイレントバイオリン

特徴・用途

1.高分子フィルムであるため、薄い、軽い、柔軟性がある。
⇒ 割れにくい。(フィルム厚さ:40〜200μm)
2.無機圧電体に比べ、比誘電率が低い(ε’=13)ため、高い圧電g 定数(g31= 0.22Vm/N)示します。
⇒ センサーに向く。
3.音響インピーダンスが水に近い。
⇒ ハイドロホン、超音波プローブなどに向く。
4.共振が強く出ない、即ちQ値が小さいので、応答周波数帯域が広い。
⇒ 音響センサー等、信号波形を重視する場合に適している。

応用例

諸物性

KFピエゾフィルムの諸物性
物性 単位
圧電定数(at 10Hz) d31 pC/N 25
d32 pC/N 2
d33 pC/N 35
e31 mC/m2 75
e32 mC/m2 6
e33 mC/m2 105
g31 Vm/N 0.22
g32 Vm/N 0.02
g33 Vm/N 0.30
焦電係数 p μC/m2K 39
比誘電率(at 1kHz)     13
弾性率(at 10Hz) G GPa 3
定積比熱 c MJ/m3K 2.3

※尚、記載数値は、自社測定の参考値であり保証値ではありません。また、記載内容は、予告なく変更させていただきます。

作成:2008年4月

お問合せはこちらまで

株式会社クレハトレーディング 機能材料部 TEL:03(3639)8723 FAX:03(3639)2655 E-Mail:kinouzai@kureha-trading.co.jp